店主紹介 

千原 淳志(ちはらあつし)

愛称『ちっち』

1976年8月23日紀州産

真剣に料理が出来る事に感謝でいっぱいの毎日です。小さなお子様においしかったよ!と言ってもらえるのが至上の喜びの41歳。現在37名のスタッフに助けていただき日々奮闘中。

≪ちっちの野望≫

とある料理を完成し、普及したいのです。

とある料理とはまだ見ぬ新たなひと皿です。

仮に料理の名前を「ちっち」とします。

ちっちをあと10年で完成させ、ちっちをもう10年で広く普及させたいのです。

ちっちはレシピを公開し、誰にでも作れ、どこでも珍しくなく食べれる料理になり

私がいつかいなくなっても、ちっちは残り、時代と共に進化を遂げてくれると嬉しいのです。

そして家庭の台所での母子の会話でお母さんが

「今日はお誕生日だね何が食べたい?」

「ちっちがいい!」

そんなものであって欲しいと願うのです。


当店は

当店は高級料理店のように、かしこまった雰囲気ではありません。

スタッフも着物を着たりしておらず、普段着の上からエプロンを着ただけです。

その分、店長は食材費等に力を注いでいます。

毎朝、店長は嬉しそうに市場に買い出しに行き、楽しそうにお店の営業を行っています。

スタッフも優しい女の子から少しヤンチャな子までいますが、

店長と同じように毎日楽しく一生懸命、一丸となって営業を行っています。

・テーブル席(6人掛けテーブルが9つほどございます。)

・カウンター席(8席ほどご用意しております。)

・個室(3つの個室がございます。)

・ホール貸切